妊娠中や妊娠前に葉酸不足の状態は子供に悪影響が

妊娠中や妊娠前、葉酸不足によって、お腹の中の赤ちゃんが無脳症、二分脊椎症などのリスクが高まってしまうということは、このサイトの中でも何度も紹介していますが、それ以外にも、葉酸不足によって引き起こされる悪影響っていくつかあります。

 

妊娠中であれば、流産や早産、妊娠合併症などのリスクが高まるといわれています。
だから、妊娠中はもちろんですが、妊娠前から葉酸をしっかり摂取しておきたいのですが、無脳症、二分脊椎症などは妊娠超初期にもっとも葉酸が必要とされることから、その時期を過ぎて葉酸を摂っても意味ないんじゃない?って方もいるようです。

 

 

ですが、妊娠初期を過ぎても、葉酸を十分に摂ることは子供が生まれたあと、成長していく上でもとっても大切なことなんです。

 

というのも、葉酸不足などママの体の栄養状態、バランスが悪いと生まれた赤ちゃんが将来、“高血圧”、“糖尿病”などの成人病にかかる危険性が非常に高くなるという研究結果が出ているそうです。

 

成人病はもちろんですが、狭心症や心筋梗塞などの心疾患を引き起こしやすいというデータもあるそうです。

 

胎児期の栄養不足が将来にで影響するなんて信じられないかもしれませんが、これにはちゃんとした理論の裏づけもあって、葉酸は、もともと核酸の合成、DNAの機能制御の働きがあって、葉酸が不足することで子宮内の遺伝情報を伝えるDNAに異常が起こるケースがあるんだそうです。

 

生まれた直後はそうでなくても、成長につれてそのDNAの異常が影響して成人病などを引き起こしやすくなってしまうということがあるようです。

 

 

ですから、葉酸サプリも妊娠初期が過ぎたからもういい!というのではなく、妊娠中はもちろん産後の授乳期もしっかり摂ることが自分の体にもですし、子供が大きくなったときの健康にも大切になってくるわけです。