葉酸サプリは授乳期にも摂りたい栄養

葉酸サプリは、基本的には妊娠中にしっかり摂って、赤ちゃんの発育にいい影響を与えるようにしたいのですが、出産後はもう必要ないか?というそうではなく、産後の授乳期も葉酸はとっても大切な栄養になります。

 

というのも、授乳保育をする場合、お母さんの母乳から栄養を受け取って成長していくわけですが、ある研究では授乳期に葉酸が不足することで赤ちゃんの発育の遅れなどが出てくる可能性があるということも指摘されています。

 

授乳中は、妊娠中などと違って、たとえば妊娠初期のようなつわりなどもないので、食事からでも十分葉酸を摂ることは可能といえば可能なのですが、育児などをしながらそういう栄養管理にしっかり気をつけた食事を作っていく!というのは、けっこう大変なことです。

 

特に、葉酸だけであれば、それほどでもないかもしれませんが、授乳ではたんぱく質やビタミン、カルシウムなど赤ちゃんの栄養もしっかり考えないといけないので、そういった栄養をバランスよく摂るということを考えると、食事だけよりも葉酸サプリなどで補っていくというのがおすすめです。

 

 

また、産後の授乳中であっても、赤ちゃんは常に成長していて新しい細胞も続々とできています。
それを助けてあげるためにも、しっかりとママから葉酸などの栄養を受け渡すことが大事になります。
一般的には、産後の授乳期には1日340μgの葉酸摂取が推奨されているので、妊娠中に摂っていた葉酸サプリの量の半分ぐらいを飲むようにすると、食事から取る葉酸を含めるとちょうどいいかもしれませんね!