葉酸の働きにはどんなものがあるのか!

葉酸サプリにふくまれる葉酸。
妊婦さんたちが葉酸サプリを摂るときには、やはりお腹の中の赤ちゃんの先天性異常のリスクを抑えるということが目的になると思います。

 

 

葉酸といえば、ほうれん草などに含まれる水溶性のビタミンB群の1種なわけですが、元々は貧血対策に有効ということで造血の働きなどを期待されて利用されていたそうです。
そのため、葉酸の働きとしてビタミンB12と一緒に赤血球をつくり貧血などをおさえるのに効果的なんだそうです!

 

 

それ以外にも、葉酸は体の代謝とも深く関係していて、体内の葉酸が不足することでたんぱく質の生成がスムーズに行かなくなって結果的にたんぱく質の新陳代謝もスムーズに行かなくなるそうです。
また、葉酸は、遺伝子のDNAにある核酸の合成にも関係しているそうで、細胞の生産や再生などを助けてくれるということで、新しい細胞を作るのに欠かせない栄養といわれています。

 

つまり、妊活、妊娠中においても、赤ちゃんが成長していく段階で細胞をドンドン分裂、生産し、脳や脊髄の発達させるわけですがそのときに葉酸は欠かせないというわけですね。

 

ですから、妊娠初期に赤ちゃんが盛んに細胞分裂を繰り返すときには、特に葉酸をしっかり摂っておくことが大事!ってわけですね。